援交掲示板『holisticnetworkireland』

オススメの掲示板サイトはコチラから!

出会いひろば

  • 圧倒的な会員数!
  • リピーター率№1
  • 会員数:約100万人

会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーもカンタンなので初めての方にも安心の優良の掲示板サイト。

SWEET LINE

  • 全国で探せる!
  • 即会い可能
  • 会員数:約80万人

地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
女の子との出会いに効果的な機能が満載の人気の掲示板サイト!管理人イチオシです♪

DATE

  • 業界一女性が多い☆
  • 女性会員数№1
  • 会員数:約70万人

女性会員数がなんと驚愕の58%と業界でもトップクラスのサイト♪
特に20代~30代の会員が多いのが特徴の人気掲示板サイトです!!

最新情報

清楚系の女性

<更新日時> 06月16日(月) 11:29


女性の魅力というか、男性からみた女性の容姿なんかは割と流行というかその時によっていい、と思われる物が全然違うんですよね。
一昔前なんか、派手な感じの女性がやっぱり綺麗だオシャレだなんて感じで見られていましたが。
今はむしろ、おとなしそうな素朴で地味な女の子のほうが魅力的と思われやすいですね。
女性は、特にそういう流行のような物に敏いようで人気が物を言う援交のような男性に気に入られてなんぼの世界では最近そういう黒髪清楚系の見た目にしている女性が多いです。
そういう地味な見た目な子ほど、実は中身はエロいというのが特に最近非常に増えているのですが。
これは、一種のギャップ効果を生む物でセックスの相手として見たらそれだけでも男性の興奮は増すことでしょう。
私も、よく援交出会いを求めていると若い子なんかは特にそういうタイプの子と出くわすことが多いのですが。
やっぱり、黒髪というのは日本人女性の魅力みたいなところがありますからね。
一軒おとなしそうで清楚っぽい雰囲気の女性が、実は援交にハマってるなんて言うエロさを隠し持っていると思うとそれだけでも興奮するという物です。
こういう印象操作が援交には必要不可欠なのです。

声をかけられた

現在1人の子持ちの主婦であるCさんは、以前援交をしていたことがあります。
初めて援交をしたきっかけは、勤め先の職場で声をかけられたことです。
職場の飲み会でテンションが上がり、
そのまま上司と一緒にホテルでセックスをした時に、お金を渡されたのです。
もしかして援交ってこと?と思ったのは間違いではなく、その後も上司との援交が続きました。
不倫とか浮気という感覚ではなく、
ホテルでセックスをしたことに対して代金を貰うという感じでした。
Cさんは仕事の一環として援交行為を行い、
上司との関係は、退職時まで継続されましたが、職場では一切そのような雰囲気にはならず、
また、上司の家庭を壊すようなこともなく淡々としたものです。
援交と言う行為はお金がもらえるから楽しいと言えるし、
セックスをすることに対しても特に抵抗も感じなかったのですが、
主人と知り合った時に、援交をしていることに対して罪悪感を持ったそうです。
そして、退職すると上司との援交も終了しましたが、
今でも主人に対しては悪いことをしたという思いが存在します。
現在女の子がいますが。
仮にこの子が援交をしたらどうするか?と質問すると、絶対に駄目だという回答でした。
自分は援交をしておきながら子供には駄目だというのは、
自分の後悔を思うと、援交をはしない方がいいからです。
これが普通の大人の良識ですが、
気持ち不安定な若い世代の援交の誘惑には注意して欲しいとCさんは言いました。

ブランド品と援交と

<更新日時> 06月16日(月) 11:25

援交をしている女性の中には、高級ブランドが欲しくて援交をしている人も少なくありません。
普通、ほしいもがあるとローソンやマクドナルドでバイト、ということになるのですが、彼女たちは手っ取り早く大金を得るために、簡単に援交に手を出します。
周囲が「やめなさい。自分を大事にしなさい」といったところで、一度援交のおいしい部分を体験してしまった彼女たちは、援交をひたすら繰り返すことになります。
援交をしてはブランド品を買い、お金がなくなればまた援交をして、ブランド品を・・・と、稼いでは使い、稼いでは使いを止めどなく繰り返すために、いつまで経ってもこの悪循環から抜け出せず、援交にどっぷり漬かってしまうことになるのです。
しかし、年齢を重ね、オトナになると不思議に援交から足を洗うようになってくるのです。
そんな彼女たちが、必ず体験することが2つあります。
それが、結婚と出産です。
結婚をして子供を持ったときに、初めて過去の援交に対して、後ろめたさや罪悪感を感じるようになり、自分を責めるようになります。
たかがブランド品のために、自分は綺麗な身体を見ず知らずの男たちに・・・、と後悔が尽きないのです。

悪いことではないけれど・・・


現在20歳のAさんという女性は、以前援交を行ったことがあります。
友人から稼げるバイトがあるよと紹介され、誘われたのがきっかけです。
援交に関しての知識は元々ありましたし、行う行為は当然理解していたから、少し楽しそうだしお金になるならと気楽な感じでやってみました。
知人に都合のいい日と時間を告げると、待ち合わせ場所が決められて、そこで目印を持った男性が現れるのです。
初めてのお客は、40代のサラリーマンでした。
相手は援交は経験者で、すごく手なれた感じでホテルに誘ってきました。
SEXそのものは当たり前のもので、帰りに封筒に入れたお金をもらい、それで終了。
ホテル代は男性が払ってくれました。
Aさんはセックスするだけで数万円の収入を得ることが出来たのです。
これをきっかけに、自分の予定のない日に、何人もの男性と援交をしたそうです。
本当に数時間だけの付き合いなので、自分も相手も名乗ることさえせずに、淡々とSEXだけをする感じだったそうです。
今はもう援交をすることはありませんが、なんだか現実感がなく不思議な時間だった言います。
援交が犯罪である意識は全くなく、今やってない理由も、ある程度のお金を稼いだからで、またお金に困ったら援交をやろうと思うと話していました。
ただ、20歳を超えると、自分を買ってくれる相手が見つからないかもしれないというのが目下の悩みだそうです。
援交をしている女の子はAさんと同じような子が多いと言えます。

会話を楽しむ

<更新日時> 06月16日(月) 11:23

某サイトで、援交ができると知り、早速申し出たDさん。
相手は 20歳の女子大生で金額は2時間3万円、ホテル代は別途という条件を全て受け入れ、
指定された喫茶店へ行きました。その喫茶店は、明らかに援交と思われるカップルが数多く存在し、
会話を楽しむ間もなくお店を出ていく姿があちこちに見受けられます。
Dさんも相手と出会うことが出来ましたが 相手をみた瞬間違和感を感じたそうです。
20歳と聞いていたし本人もそう言っているけど、どうももっと年を取っているように思えるのです。
しかしあまり気にしないことにして ホテルへと場所を移しました。
そこで、最初に3万円を渡して、早速ベットインと楽しみたいところなのにこの女性は、
あれもこれも嫌と非常に注文が多いのです
しかしDさんは、このチャンスに普段はすることが出来ない様々なことを試してみたかったのに、
ほとんどが却下されてしまいました。いろいろ試すといっても一緒に入ったり、
多少ふざけて遊ぶといった程度で、さほどマニアックな要求をしたわけでもないのに、
決まりだからと断られました。そしてSEXも一回終わった後で、2回戦突入しようとしたら
また断られました。
きっとそこで、また多少でもお金を払えばと思ったのですが、なんだか腑に落ちない援交経験だったということです。
そして援交にだまされたと本人はいいますが、
皆さんはDさんの件をどう思いますか?こんなモンじゃないの?と笑われてしまいそうですが、
援交というものに対しては様々な幻想を男性は持っているということだと思います。

解決するのが難しい

実入りの良いアルバイトとして援交を友達から紹介され、始めたという例は多いようです。
昔と違い貞操観念が薄れていて、初体験の年齢も若くなる一方です。
不特定多数の人間とセックスするのがいけないことという認識は今ではなくなってしまったようです。
しかし大人と違い未成年者の場合は、問題があったとき解決するのが難しいでしょう
まぁ、トラブルさえなければ数時間で数万円のお金を稼げるのですから、いいアルバイトです。
若い女の子を探す男性の立場からすれば、その辺を軽く考えてくれる女の子がいるのはありがたいことです。
女の子の方も、友達達も援交しているんだし危険なことはない様だし大丈夫だという感覚があるのでしょう。
また友達の紹介だと断りづらいこともあります。

この年代の女の子達はグループで行動することが多く、みんなと同じ行動をしないと仲間はずれになったりします
本人からしてみれば大事な友達だし、仲間はずれは嫌なものです。
それに稼げるお金も大きいことから、援交にはハマッてしまう女の子もいるようです。
いずれにしろ、そんな集団行動をとる女子グループの軽い認識が援交を後押ししている感はあります。
大人である男性も偉そうなことは言ってみても、結局は援交はありがたいと思っているわけです。
特に10代の女の子とエッチしたいというに男性が多いからこそ、今の援交の隆盛があるのです。
女の子としては若い頃に誰でも手を出してしまいそうになる麻薬のようなもの、それが援交です。
中には、その麻薬から抜け出せず大人になってしまう人もいるようですが。

援交の暗黙のルール

<更新日時> 06月16日(月) 11:18

援交をする方法に関して様々だと思いますが、つまりは援交を希望する人がお金を支払い、セックスをするということです。
主導権はお金を支払う側にあるとも言えます。
援交はサービスが行きとどいた会社運営の場合から女性一人が窓口となり、お金の交渉からお客の相手まで全てやっている場合も存在します。
金をやるから抱かせろといってものから、前金で○○円お支払いくださいという仕組みのものまで、様々なパターンが存在します。
ただ援交はお金を支払うからといって何をしてもOKというわけにはいきません
一見女性が一人で行っているように見えても、バックに暴力団がついている可能性も存在するので、援交は黒い部分が多いことを認識しておきましょう。
いろいろなことを強要しすぎると、後で自分が痛い目をみることもありえますし、現場にいきなり怖いお兄さんが踏み込んできてぼこられるケースも存在します。
なので、金を出すからといって 物事には限度がありますので注意しましょう。
また、女性側も、相手がどんな人物か分からないので、高飛車な態度は取らない方が無難です
相手は男なので、力では勝負にならないし、お金を支払っているのだから、その辺の考慮をしなくてはなりません。
暗黙のルールとして何も言わなくともマナーをわきまえているのが、援交の心得と言えます。
暗黙のルールって何?と分からないなら、援交に手を出してはいけません。

援交の歴史について

気がつけば援交という言葉が普通に使われるようになりかしたが、行為そのものは売春と変わりません。
売春の起源は赤線と呼ばれ、もっと遡ると娼婦と言われたように、男性が女性をお金で自由にするという観点から発展してきました。
売春や赤線については、完全に法律で禁止されてきましたが、現在では援交と言って、堂々と売春行為が行われています。
女性お金を貰い セックスを提供することで需要と供給が一致しています。
援交という言葉で、体面を整えいろいろ誤魔化している部分がありますが、実施はそんなことはなく、いやらしい行為をやっているのです。
赤線までの時代なら、その行為は生活を支える為の“職業”で生きていく為に必要なことでした。
お小遣い欲しさに体を売るのではなく、今晩食べる米代を得る為に一家の大黒柱としての暗い歴史を感じさせるものだったのです。
しかし、現代援交をしている女性は、日銭を稼ぐ必要があるのではなく、ほしいものを手にいれる為に、ちょっと稼ぐというような、気楽な心構えで行っている人が大半で、皆悪いことをしているという意識がなく援交、エンコーを行っているのです。
男性は、そんな明るい女性たちとのセックスを楽しみ、女は、悪いことではない、自分の体を提供してお金を貰っているだけだと開き直って、見知らぬ男性に抱かれ金品の提供を受けています。
現在の法律では合法ではない援交ですが、若者の意識が変化しない限り、援交はなくならないと言えます。

少女と闇サイト

<更新日時> 06月16日(月) 11:15

女子高生の中にはちゃんとしたアルバイトに精を出してお小遣いを得ている子もいれば、楽してお金を稼ぐために気軽に援交をはじめてしまう子もいます。
援交をするようなこと言うのは金銭的余裕のない子が手を出すケースが殆んどで、お小遣いほしさに援交をしてしてまい1回3万程度の収入を得ているのです。
嘆かわしいのですが数万のために平気で身売りをしてしまうのですね。
援交をしている子たちがどのようにして相手を見付け出しているのかというと、ほとんどの場合には悪質出会い系サイトと言われるような闇サイトを利用しているのです。
相手の男性が何者かもわからずに契約をしますので、ラブホテルで裸の写真を撮影されてしまい相手の男性から脅しを受けて金銭を要求されてしまうようなことも事実あるのです。
援交というものはこの様に危険なリスクをはらんでいるのにもかかわらず、少女達は闇サイトを使って相手を探しているのです。
そして相手が見つかると3万円程度で大切な身体を売り物にしてしまうのであります。
この様に援交相手を闇サイトなどで見つけ出しては、自分の身体に値段をつけて商品として扱い相手に売るわけなんですね。
この様な援交と言う売春は、世の中からなかなか消えてなくなりません。
もちろん売り手が存在しているからこそ、買い手も存在しているのでありますが、買い手がいる限りは援交もなくなることは決して無いでしょう。
もしかしたら買い手を撲滅することによってこそ、援交の撲滅につながることなのかもしれません。
世の中からこの様な援交は抹殺しなければならないと思うのです。

紹介された掲示板


友人から良いアルバイトがあると言って紹介されたのが援交だったと言うAさん。
今は二十歳となった彼女ですが、援交をしたことがあるそうです。
援交のことは知っていましたし、エッチなことをするのも承知の上でやってみようと思ったそうです。
友人を介して時間と場所のセッティングをしてもらい、ホテルへと出かけたそうです。
男の方は40歳のサラリーマン、あらかじめ決めておいた目印を持っていたのですぐに会えたようです。
「相手の男性はなれた感じだったので初めてではなかったようです。変態的なプレイとかはなくて普通のエッチでした。帰りにお金をもらい終了って感じです。」
ちょっとの時間で数万円になったこともあり、その後もAさんは何人かと援交をしたそうです。
たった数時間で数万円にもなるアルバイトはありませんからね。
1日頑張れば10万円稼げたこともあり、まさに夢のような出来事だったのでしょう。
「大抵は相手の名前もこちらの名前も言いません。本当にエッチするだけですね。お金が欲しくなったらまたやりたいのですが、二十歳になったからどうかな。」
罪悪感だとかは全くないようで、援交が悪いことなんて知りもしないようです。
彼女が言うように、援交は20歳を過ぎた女の子は人気がなくなるようです。
男は若い女の子が好きですから仕方がありませんね。
しかし、あっけらかんと話す彼女を見ていると、現代の女性はこんなものなのかと少し呆れてしまいます。
援交をして何が悪い、現代の女の子は皆そう思っているのかもしれません。

十数万も稼ぐことができる!

<更新日時> 06月16日(月) 11:12

援交を一回するにあたって稼ぐことができる報酬というのは数万となっています。平均していくと約3?5万が相場となっているのではないでしょうか。すると、一月の間に何回もの援交をしていけば十数万も稼ぐことができるようになっていきますよね。
お金を持っていそうな人を相手にしていけば相場も上げていくことができるかもしれません。良い人に出会うことができればの話ですが。
援交は一般的なアルバイトをしている人からすればとても高額の収入を得ることができるものとなっています。身体を使い、風俗まがいなことをしてしまっていますが一般的なアルバイトを忙しくおこなっていくよりも楽に稼いでいくことができるのではないでしょうか。学生にしてみれば嬉しいお小遣いをたっぷりと手にしていくことができるようになっていくのです。十分に遊ぶお金も得られて苦労していくようなこともないでしょう。
なかには学生たちだけではなく本業では家計が苦しいといった人たちも副業の一つに援交をおこなっているような人もいるようです。援交をすれば確実に大金を手にしていくことができますから、ついついお金欲しさに手を伸ばしていってしまうという女性たちも多いかもしれませんね。
援交をするのは良いのですが、しっかりと貰うものは貰っていくようにしましょう。下手に人に出会ってしまうとエッチをして逃げられてしまうという人もいるようです。

出会い系サイトで愛人をつくる時の注意点

愛人をつくる手段として、
出会い系サイトを利用している人も多くいらっしゃるでしょう。
出会い系サイトを利用するメリットは、周りにばれることなく愛人をつくることができるということです。
けれど、利用するにあたって、気をつけなければならない点があります。
それは、相手が援交と愛人の2つをごちゃごちゃに理解している可能性があるということです。愛人契約を望んでいる女性が、出会い系サイトで愛人を募集していた男性と知り合ったとします。
その際に、男性が愛人と援交の違いをきちんと把握していないと、肉体関係をもってお金を払うという関係になってしまいます。
そうしますと、男性が払う金額も援交での平均的な金額になるのです。
反対に、愛人募集をしている男性に、愛人と援交の違いがわかっていない女性が
現れたとします。そうすると、女性側は一度限りの関係を望んでいる可能性もあるのです。
どちらにしても、これではお互いの希望を叶えることはできません。
そういった理解の相違がないように、募集をかける時はしっかりと条件を
細かく提示しておくといいでしょう。それが面倒であれば、はじめから、愛人専用のサイトを利用するとよいかもしれません。

高い自給のその影には・・・

<更新日時> 06月16日(月) 11:10

アルバイトを検討している人が一番最初にチェックする項目は時給と仕事内容だと言えますが、
時給5000円の簡単なお仕事があったら、要注意です。
どうみても、まともな仕事だとは思えません。
援交とは想像していなくても、
こんな常識ではありえない条件に乗ってしまう女性はあまりいないと思いますが、
中には好き好んで援交をしているわけではなく、
家庭の事情により嫌々援交を行っている人も存在します。
少し信じられない話ですが、生活のに困窮している場合、時給5000円というのはとても魅力的です。
そして、こんな条件でも応募してしまうのです。
援交ということも理解していて、時給も内容もわかっていながら、
喜んで援交をするという人も実は存在します。

これほど好条件のアルバイト情報は、絶対に裏があると思いましょう。
反対に逆援交というケースで、これは男性に向けてのバイトですが、
やはり同様に時給がありえない金額なので、やることは援交と同じ。
ただしこちらはお金持ちのおば様相手だと言えます
どうしてか、こちらの方は暗いイメージはないのですが、男性がやられるからかもしれません。
お金に困っている男子かたみると、願ったりの事だと言えますが、
援交ほど話題に上がらないのは、逆援交をする男性には同情を感じないからだと言えます。
高い時給をもらう代価として、体を売って、知らない男性に抱かれる援交。
倫理上にはとんでもないことなのですが、行う子は倫理よりもお金が大事だと言えます

今も残る援交の影

援交が流行っていた時代がありますが、法的に罰則が厳しくなってきたことで、ブームは下火になってきました。
ですが、完全にその火が消えてしまったわけではなく、今でも援交をしている女性はいます。
ただ、援交という言葉が違うものに変わっていたり、援交の場が携帯電話からでもアクセスできるネット上になったりしています。
ですので、援交に関するネット用語・隠語も増えています。
また、援交が流行っていた同時期に、「援交はちょっと怖いけど、これなら・・・」と少女がやっていたことに、着用していた衣服や下着を売る、というのがありました。
これに関しても、援交と同じように、法的な罰則が厳しくなったことで廃れていきましたが、ネットオークションなどを利用して、学校の制服を売る少女も実際にいます。
それだけではなく、指定バッグやソックス、中には体育用のジャージまでもオークションに出品されています。
もちろんのこと、下着類もセットにして売っている少女もいるようです。
このように、かつての流行りも姿や場所を変えて、まだ続いているということもあるのです。
さらに売る物が衣類ですと、援交で感じるような戸惑いや罪悪感は全くと言っていいほどなく、それゆえに危ういことをしているのですけど、少女であるという価値をお金に換えることを知っている少女たちは、お金で買おうとする大人たちは、これからもずっと存在し続けるのではないかと思います。

信じられない時給

<更新日時> 06月16日(月) 11:07

過去に援交をしていたことがあるCさん、今は27歳の主婦です。
援交は欲しいものを手に入れる手段だったようです。
確かにアルバイトとして考えると信じられない時給になりますからね。
援交を多くやった月には、サラリーマンの月給以上は稼げていたと言います。
そんな彼女が援交をしだしたキッカケは、インターネットのサイトで広告を見つけてからだと言います。
「サイト上で登録したので、仲介料をとられるんですよ。面倒な決まり事もあって、援交だと分からないようにしなくてはなりません。
だから言っちゃダメなこと、やっちゃダメなことを注意されましたね。」
仲介料をとって運営している援交のサイトもあるんですね。
「ただ登録をすれば連絡待ちですから簡単ですよね。でも仲介料を取られるのはバカバカしいですからやめました。」
それからCさんは直接援交を何人かの男性とするようにしたそうです。
やることは変わりませんから、自分でやり取りする手間が増えただけです。
後はホテルでエッチすれば仕事は終わりといったところです。
こんな過去の話は、旦那さんにはとても言えませんよね。
稼いだお金はどうしたのか尋ねたところ「貯金してました」との事です。
シッカリしてますね。
少し危険なこともあったようですが、稼げる額が大きいので中々やめられなかったみたいです。
また、知らない男性とエッチすることにそれほど抵抗はなかったと言います。
援交は、こういったCさんのような人がいるから成り立っているんですね。

人の中に焼き付いている


援交は、かつて社会問題としても非常にメディアに多数取り上げられており
それは良くないイメージとして、人の中に焼き付いていることかと思いますが。
今や、援交はその形を変えて新しいジャンルとしてちょっと今までとは違った形に落ち着いているのです。
具体的に、どういう風に変わったかというと直接的な金銭のやり取りという物が減ってきて。
電子マネーや、遊びのお金を負担するという形でデートの延長だとかやりとりのわからないところでの関係が増えているのです。
その中には、ゲームを利用したタイプの援交もあったりして。
オンラインゲームなんかで、レアアイテムを持っていたりするとそれを欲しいがために援交という形で。
好きなことをしてもいいから、そのレアアイテムを譲ってなんて感じの人も結構いるんですよね。
勿論、先にセックスをするのでアイテムだけ貰ってはいさよならなんてことはさせません。
ゲーム内のレアアイテムなんて軽くやってる人にとってはそれほど大事なものではありませんし。
自分が使わない物であれば、ゲーム内マネーにするよりもこんな風にしてリアルなセックスに使ったほうがいいですからね。
女性は、そういうゲームにハマると価値観がかなり変わりますから御しやすくもなります。

私が援交をしていた時代

<更新日時> 06月16日(月) 11:04

私は高校の頃に援交をしていました。
90年代後半で、今よりもまだ気持ち的にも金銭的にも裕福な時代だったからでしょうか、少女の私に1万円以上の金銭をカンタンに出す大人の男性が多かったのです。
その時代の高校生も、援交をすることに抵抗感も罪悪感もほとんどありませんでした。
クラスの仲の良い女子がやっていて、いつもブランド物を持ち歩いているのが羨ましかったことと、援交をやらないことで無視されたりするのが怖かったのも、援交をやっていた理由です。
援交を罰する法律があることも知りませんでしたから、今思うと、本当に捕まらなくて良かったと思います。
援交の相場は、1回のセックスで1万5千円くらいでした。
放課後、ちょっとアルバイトをするつもりで援交を2回もすれば、数時間で3万円を手に出来たのです。
そのお金は、全部ブランド物の購入と、友達と遊ぶことに使っていました。
お金がなくなれば、その辺を歩いているサラリーマンに「2万円でどう?」と自分から声を掛けて、援交をしたこともあります。
本当にカンタンにお金を払う男性が、そこら辺にたくさんいたのです。
ブランド物を持ち、たくさんの男性とセックスの経験を重ねていくと、自分はクラスメートの中でもかなり大人だという優越感と満足感までありました。

でも、やっぱり彼氏とのセックスが一番だと思う面もありました。
好きな彼といる時間が癒しで、セックスをすることで清められて、また援交を頑張ろう、なんて思ってたんです。
今は大人になりましたから、性的にも法律面でも知識がありますから、援交が良くないことだと分かっています。
それでも、あんな風にカンタンにお金を稼ぐことが出来て、ブランド物をどんんどん買えたあの頃が懐かしく、できることなら戻りたいな・・・なんてことも思うんです。

若い相手が良かったのに

援交で男性が最も気になることの一つとして若い相手とセックスしたいということです。
しかし、実際に相手と会ってみると想像していたより年上の子ということがよくあります。
女の子を斡旋してくれるお店やその子との交渉時に何歳かということが分かればありがたいのですが、
たとえ分かったとしても、実際にその年齢化どうか・・・とう問題もあります。
実際の年齢と異なる場合はある意味契約違反じゃないかということになりますので援交を打ち切っても問題はないでしょう。
例を挙げると 前金で払っている場合などは、返金を要求しても、大半は返金は断られる上、
そこでもめると援交自体が出来なくなり、結局丸損という可能性もあるのです。
しかし、料金を支払っていない場合は、相手の女性が気にらない場合はその場でお断りをして
援交を実行しないというのも一つの手です、それは全く問題ないと言えます。
しかし、それでいいのか?援交は大っぴらに推奨している行為ではなく、
相手を探して援交に持ちこっむことは大変な作業です、なかなかチャンスがないので、
せっかく手に入れたチャンスをみすみす逃してもいいのか?
よっぽど相手がひどい場合は仕方ないと諦めるにしても、ある程度の我慢が可能なら、
そのまま援交をしてしまうのも一つの手だと言えます。すごく若い子を心待ちにしていたとしても、
実際には希望通りというのは難しい事情もあると言えますよ。

海で唐突な募集

<更新日時> 06月16日(月) 10:59

最近は、色んな女性がインターネットを利用して出会い系やSNSを使うことで出会いを求めたりしているのですが。
その、利用の仕方もまた現代的になりつつあるというか色んな意味で利便性化していると共に、身近なところに来ているという感じがしますね。
というのも、援交のようなちょっとお金のやりとりがあったりするややこしいタイプの物なんかが特にそうなのですが。

本来、ある程度お互いの都合を合わせあって会う日を約束してという風な形をとることの多い援交も。
最近では、ゲリラ的というか突発的というかそれほど深く話し合うこともなく今日暇なら、という風に。
即日で出会いを求めたりすることが多くなるんですよね。
この間なんか、私が出会ったのが近所の海に遊びに来ている女性で。
ちょっと遊ぶお金が足りなくなったから、水着でセックスをさせてあげるからサポ下さい、という感じの募集だったんです。
実際、正直若い女性の水着姿を間近で見れるうえにセックスまでできるとなると足を延ばしてもいいかな、なんて思ってしまって。
結局海で初めて会って、そのまま更衣室でセックスを楽しんで水着姿も堪能してデートをおごってあげたのですが。
それなりの値段ではありましたが、海デート気分を楽しめて結果的には良かったことですね。

携帯電話の普及率と比例!?

携帯電話が普及し世の中はますます便利になりました。
会社の営業は客を逃がすことなくリアルタイムで仕事が出来るし、居場所が確認できる携帯電話は、今の社会では欠かすことが出来ないツールです。
携帯電話の普及に一役買ったのが、女子高生をはじめとする10代の若者です。
手軽でいつでも連絡が取れる道具はすぐに全国各地に広がりました。
携帯電話の広がりと共に援交も大きく広がりを見せました。
犯罪行為と言える援交が、メールを使い、隠語でカモフラージュることこにより、周囲にバレずに、援交を行うことが可能になったり、サイトで簡単に登録、メールでのやり取りも簡単に出来るようになりました。
一昔前は援交の秘密の電話番号を手にいれるだけで一苦労だったみたいですが、今では私にメールをくださいというような簡単なメッセージでいとも簡単に援交が可能なのです。
携帯電話の普及と実は援交の主役ともいえる女子高生たちのおかげだと言えます。
犯罪行為と理解していながら、はっきり断言できるのには、理由があるのです。
実際に逮捕された年齢を確認すると女子高生が多いと言えます。
実際に捕まった数なので、水面下に隠れている援交の網は途方もなく広いと思いますし、女子高生が含まれるのは当然だと言えます。
成人していても、援交をしたことが公になると、その時点で逮捕されてしまいます。
携帯電話のサイトは警察もチェックしているので、十分に気をつけて下さい。

次の記事 »